■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
木工マシーン!
どうにか風邪も治りようやく日常が戻ってきました(^^ゞ

懸案だったどんぐり材プロジェクトの試作品作りも一段落して次なる仕事はループタイです!
これもどんぐり材プロジェクトの絡みなのですが、昨年とりあえず業者向けの展示会用にサンプルを6個頼まれて、展示会の結果を受けて正式発注という話だったのです。そのときの見込みは40個だったのでそのくらいなら対応出来ると思ってましたが、いざ蓋を開けてみたらその数なんと139個!それだけ反応が良かったということだと解釈してますが、見込みより約100個も多いじゃないですかっ(^^;)

こうなるとちゃんと治具を作って効率良く進めないとどう考えても間に合いません...
先週博多にいる間があまりに暇でこんなことならこの間に139個を少しでも作っておきたいなぁと気が気でなかったのですが、納期が当初の2月初旬から中旬に延びたので少し余裕ができました(^^)

とは言え139個というのはこれまでに経験したことがない数字です!
端材を使ったカードスタンドや一輪挿しなどは何十個かまとめて作りますが形は1つ1つ違いますから、同じモノをひたすら作り続けるというのはハッキリ言ってマシンと化すしかないでしょう...
途中でスピードも精度もモチベーションも落ちてくるのは容易に想像がつきますが、そこをなるべく落とさないように頑張ります(^^ゞ

まぁ正直そんなに乗り気な仕事とは言えませんが、単価は安くても139個もあればそれなりにまとまった金額になりますから馬鹿にはできないのです!
そんな訳でこれも新たなチャレンジと思って限界(?)に挑戦でーす(笑)

小林美術館15
写真は小林正嗣美術館で撮りました!
寒い古民家も炭があるだけで暖かく感じます(^^)



スポンサーサイト


木工の仕事 | 21:59:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad