■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
またですか...
前回のブログで忙しいと書いたらここ数日で会った何人かから「今忙しいんですよね?」と言われました。よっぽど僕が本業で忙しくしてるのが珍しいってことでしょう(笑)
ご心配なく!忙しいと言ってるそばから昨日は「くまもとアートポリスプロジェクト和水町立菊水区域小中併設型校舎設計業務公募型プロポーザル第二次審査」を見に行って来ました(^^ゞ
長ったらしい名前ですが要は小学校の統廃合に伴う新たな校舎の公開設計コンペという訳です。

そもそも少子化で統廃合やむ無しという現状で大規模な造成をして新校舎を建設すること自体がアンビリーバブル!で根強い反対運動もあるみたいですが、推進派の現町長を選挙で通してしまったのも僕たち町民なので悲しい限りです...

まぁ政治的な話はさておき、和水町にいながらアートポリスのコンペが見られるせっかくの機会ですし、何より我が家の設計士である長野くんが最終審査に残っていたので見に行ってきた次第です(^^ゞ

長野くんは会うなり「元気玉をください」と若干緊張した様子でしたが、実際には共同設計者の方がプレゼンして長野くんの出番はほとんどナシ。ちょっと楽しみにしてたのになぁ(笑)
会場には300人くらいの人がいましたが、どちらかというと町民よりも設計関係の人が多かったみたいです。さすがアートポリスという感じで長野くんたちを含む5社のプランはそれぞれ興味深かったですが、審査の結果は最も無難な(と僕は感じた)プランが選ばれました。

長野くんたちのプランが一番学校っぽくなくて贔屓目ではなく僕は好きだったんですけど、講評を聞く限りでは町の要望に最もマッチしていたプランが選ばれたようで、せっかくアートポリスのコンペなのに何となく中途半端な感じは否めません(^^;)
まぁ町のすることは中途半端なことばっかりなので「またかぁ...」という残念な結果でございました。あー、つまらん!

サクラの蕾
写真は民家村の木工館の上で撮りました!
後ろの梅は散り始め入れ替わるように桜の蕾が膨らんできました(^^)




スポンサーサイト


未分類 | 22:24:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad