■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
想像力の欠如
今日は暖かさが戻って民家村の桜もようやく開花!です(^^)
桜01
そんな土曜の昼下がり、いきなり火災報知器のベルが鳴り響きました。
実は先週あたりからガラス工房が本格的に稼動を始めたところ、センサーの反応が良すぎてすぐに火災報知器が作動してしまっていたのです。
ガラス工房なのにこれじゃあ仕事にならないということで、消防署と調整してセンサーの位置をずらしたりして対処してたみたいですが、まだ落ち着いてないってことか...
99%はガラス工房の誤報だと思いつつ一応入り口にある火災報知盤に確認へ。

案の定ガラス工房のところに赤ランプがついてますが、もうひとつ陶芸のところにも赤ランプが!なんで?しかも、ガラス工房のランプはすぐに消えたのに、陶芸の方は復旧しないではないかっ!
管理人さんが陶芸を見に行ったきり戻ってこないので僕も様子を見に行ったところ、陶芸のオバちゃんが「ベルが鳴ったけん、ボタン押したもんね」ですって。
「ハァ?それって火災が発生したときに押すボタンですけど...」
原因判明。そりゃあ復旧しない訳だわ(^^;)

それにしても火災報知器のボタン押すかなぁ?あれは簡単には押せないようになってるし、常識的に普通は触らないもんだと思うんだけど。
でも同じく入り口に駆けつけた篠笛工房の山彦さんもたくさんある火災報知盤のスイッチを片っ端から押しそうな勢いだったので、あのくらいの年代の人はスイッチは何でも押してみるもんだくらい思ってたりして(笑)

しかし、本当に問題なのは陶芸のオバちゃんからは謝罪の言葉すらなく、「何も書いてないけんわからん」とか「あとは管理の人がしてくれるんでしょ?」とか全く責任感の無い発言のオンパレードだったことです。
ここはアナタの家じゃなくて肥後民家村という観光地なのです!実際にお客さんも大勢いて誤報だとしても皆さん心配する訳です!!その場にいたお客さんには大変ご迷惑をお掛けしました。この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m
自分が安易にボタンを押すことによってどういうことになるのか、もう少し想像力を働かせて欲しいですね。ホントに。お願いだから(^^;)

最近のニュースで取り上げられるような輩もやはり想像力が欠如しているのだと思います。
政治家にも同様の人が見受けられるところを見ると、実は日本人にとって苦手な部分だったりするのかもとまで思ってしまいますね。
これからは真剣にイマジネーチブな人間を育てる教育に力を入れた方が良いのでは?

民家村の陶芸も今は素人のグループなので、是非プロの陶芸家に入って欲しいですね。
プロならば作品のレベルはもちろんのこと、お客さんに対しての責任もアマチュアの比ではないので、民家村のグレードが今よりUPすることは容易に想像できます(^^)
役場の関係者もその辺の想像力を働かせて前向きに考えて欲しいと思います。

花見01
写真はよくわからないと思いますが、非常ベルにも負けず民家村の前の広場で花見(まだ一分咲きくらいですが)を楽しむ人たちです(笑)
1週間後には満開になると思いますが、ここは絶好の花見スポットですよ!

スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 22:53:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad