■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
一足先に
今日から5月!年が明けたのはついこの前だと思ったのに早いですね(笑)
という訳で民家村の里山美術展が明日から始まるので、今日は朝からテントの設営やら看板立てやらの準備で、一通り終わったときには既に15時半を過ぎてました...

本来ならそこから自分の作品の搬入となるのですが今回は作品は1点のみなので搬入は明朝ということにして、一足先に今日から始まっている山鹿の湯の端美術展へ取り急ぎ行って来ました!
到着したのが遅かったので天廰の蔵と百花堂の2箇所しか見られませんでしたけど(^^;)

時間が合わずに「展覧会の絵」という絵画と映像とピアノのコラボ作品が見られたかったのは残念でしたが、タイミング良く百花堂で畠山さんが本人自ら映像を見せてくれてラッキーでした(^^ヾ
ちなみに期間中は毎日13:30開演14:15終演ということで、それ以外の時間は野田竜太郎くんの絵画のみ展示してあります。
もちろん他にもクオリティの高い展示が多くなかなか見応えありましたねぇ...

知り合いの作家さんも大勢いたのでご挨拶を兼ねてイロイロと情報交換などしつつ作品も楽しめて短いながら有意義な時間を過ごせました(^^)
真面目な話、里山美術展の関係者も店番を交代しながらでも時間を作って見に行った方がイイと思いますよ!

そんな訳で明日からは里山美術展湯の端美術展とどちらもヨロシクお願いしますm(_ _)m
しつこいようですが僕は中間地点の高野の工房にいますのでお間違えなく(笑)

湯の端201301
「 5%ご先祖。」(岡松トモキ×森英顕)展は写真家と彫刻家がそのどちらも使わず、元々そこにあったモノを利用して作り出した空間で素晴らしいです!

湯の端201302
こちらも天廰の蔵のアドちゃんとナカムラ佳子さんの「夜展」です(^^)
蔵の2階とは思えない広いスペースを埋めるアドちゃんの動物の数々は必見ですよ☆



スポンサーサイト


未分類 | 23:24:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad