■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
話題の武雄市図書館へ
思い立って行ってきました!

TSUTAYAとスターバックスが一体化した斬新な図書館は、建物のデザインからシステムに至るまで従来の公立図書館とは一線を画していて一日いても飽きないだろうなぁという感じで素晴らしかったです(^^)

ただスタバはどこにあってもスタバなので、どうせなら普通にセンスの良いカフェを作れば良かったのにと思うのは僕だけでしょうか?
逆に武雄という佐賀の一地方都市(都市とは言わないか?)においてはスタバの看板があった方がありがたみが増すのかな?とも思いましたけど(^^ゞ

そう言えば何年前か忘れましたが熊本に初めてスタバが出来るとき、当時の熊日南関支局長(僕と同い年で仲良しでした)が嬉々として僕にその話題を振ってきたので「あぁ、よく待ち合わせとかで使ってましたけど普通ですよ」とポロッと言ってしまい、相手のテンションを下げさせてしまったことを思い出しました(^^;)

まぁスタバに丸投げした方が話題性だけでなくコスト的にもメリットがありそうですが、いずれにしても行政の仕事しては特筆すべき取組で実際に今日も多くのお客さんで賑わってましたよ(^^)
トップ次第で行政でもこういう面白いことが出来るんだなぁ...ということを実感した次第ですが、和水町だって武雄みたいに移住したいと言われる様になる可能性はあると思うので行政と協力しつつ何か新しい仕掛けを考えたいですね(^^ゞ

武雄01
大して下調べもせずに行きましたが「水戸岡鋭治のJR九州鉄道デザイン展」も見られてラッキーでした(^^)

武雄02
図書館のすぐ近くの武雄神社にある大楠は凛として荘厳でした...

武雄03
武雄温泉の新館から楼門を臨んだところです!
どちらも東京駅を設計した辰野金吾による設計で建物を見てるだけでも楽しかったです(笑)




スポンサーサイト


未分類 | 23:46:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad