■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
いよいよですね!
今日も熊本は良い天気!民家村のお客さんも多かったです。

そんな中、昼から「里山美術展」の看板立てがありました!
今年は僕も出展者として参加するのでこれまでとは異なる緊張感?昂揚感?何とも言えない感覚があり、いよいよ始まるなぁってワクワクする感じです。

今日集まった「里山楽縁企画」のスタッフは花屋さん、コンビニの店長、整体師、美術の先生、タイ式マッサージ師までバラエティに飛んだメンバーでしたが、中でも代表の池田さんは画家兼みかん農家という変り種です。どっちが本業ですがと聞くと「そりゃあ、みかんに決まっとるばい」と即答ですが(笑)

その池田さんから皆に差し入れでみかんとパール柑を頂いたので看板立てが終わった後にガラス工房にお裾分けに行ったら炉に火が入ってましたよ(^^)
何でも今日は朝から6時間くらいぶっ続けで吹きガラスの作業をしていたとのことでさすがに疲れた様子でしたが、相当喉も乾いていたらしく差し入れのみかんをその場でバクバク食べてました(笑)

イロイロありましたがようやく本格的にガラス工房も稼動開始という訳です(^^)
今日は久しぶりということもあって時間もかかったし、疲れたし、お客さんへの対応もイマイチだったと本人は反省してましたが、作業環境に慣れてくれるに連れてどれもも解消されると思います。
そんな感じで今後の展開に胸を膨らませた春の1日でした。

景色04

写真は江田船山古墳の周りの八重桜です。
おもちゃのクルマが置き去りにされてました。きっと花見のときの忘れ物なのでしょう...
これからは新緑の季節なので桜の時期とは違う楽しみがありますね(^^)

スポンサーサイト


肥後民家村の日常 | 23:08:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad