■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
落日の夕陽は見たくない!
ピンと来たアナタはなかなかのプロレス好きですな(笑)

詳しい説明は省きますがアントニオ猪木が提唱して始まった第1回のIWGP決勝戦(当時はまだ蔵前国技館でしたね...)で、ハルク・ホーガンのアックスボンバーで猪木がKOされてしまい、想定外の自体に当のホーガンもおろおろしていたという、あの「猪木ベロ出し失神事件」で実況していた古舘伊知郎が叫んでいたのが「落日の夕陽は見たくない!」です(^^ゞ

この落日という言葉は伸び盛りのホーガンに対してピークを過ぎた猪木という意味合いで、30年以上前なのに何故か印章に残っているフレーズですが、衆議院に続けて参議院での強行採決により日本の民主主義、立憲主義、平和主義が壊されるのを目の当たりにして、今まさにそんな心境です...
国民主権とか憲法を守るとか当たり前だと思ってたことが、解釈改憲に始まる反則技のオンパレードでねじ伏せられてしまったことと、中学生のときに猪木の優勝という既定路線を信じて疑わなかったのに叶わなかったこと(ホーガンは別に反則はしてませんけどね)が、古舘伊知郎というキーパーソンの存在もあって僕の中では妙にリンクしてしまったのです(^^;)

国民の理解が進んでいないのではなく理解が進めば進むほど反対が増えていたという状況(違憲な上にロジックが完全に破綻してるんだから当然です!)にも関わらず、端から国民を無視しているのは明白で強行採決するだろうと予想はしてましたがやっぱりショックですね(>_<)
賛成派の人は中国に対する抑止力とか言いますが、日本がアメリカの戦争に加担できるようになれば中国は間違いなく更なる軍拡を進めると思いますし、逆にその口実を与えることになりますよ...

とりあえず次は司法での第2ラウンドになると思いますが、僕たちに出来ることは自民公明と安保法案に賛成した議員を全員落選させることです!もちろん来年の参院選だけじゃなくて金輪際という意味です(^^;)
そのためには野党の動向も注視しないといけませんし、どうせ来年には忘れるだろうと国民は舐められてるので、絶対に忘れず許さず声をあげ続けましょう!
デモなんて無意味だと言う人もいますが、野党5党が数では敵わないのに徹底抗戦したのは間違いなくデモの成果ですよ...

本当は別のお知らせしたいことについて書こうと思ってたんですが、どうしても怒りが収まらずこの話題に触れずにはいられませんでしたよ(--;)

サダメサンゲ01
写真は今朝工房の横で撮りました!正面のサダメサンゲの新しい雨戸がまぶしいですね(笑)
この澄んだ青空を見てると気持ちを切り替えて頑張ろうという気になりますね(^^)




スポンサーサイト


未分類 | 23:41:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad