■ご来場者数

■プロフィール

家具オヤジ

Author:家具オヤジ
東京生まれの千葉育ち、大学卒業後は某電機メーカー系サービス会社に就職し一般的な親の望む安定した人生を歩んでいたが、イロイロと思うところがあり30歳にして木工の道へ。
紆余曲折を経て気がつけば縁もゆかりもなかった熊本で独立し、もう都会では暮らせないカラダになってしまいました(笑)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加
Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加 feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
土壁
あれは11月頃だったでしょうか?民家村の蕎麦屋木阿彌さんから電話があり「お客さんに紹介しておいたから」とのこと...
聞けば木阿彌さんの店内に飾ってある木の枠に部分的に土壁を塗ったディスプレイをお客さんが偉く気に入って同じモノを欲しいと言われたとのことでした。しかし、かなり前に入手したらしくもう手に入らない旨を伝えると誰か作れる人がいないか?という話になり、僕を紹介してくれたそうです(^^ヾ

実物も見せてもらいましたが、5cmくらいの奥行きの木枠の中に木舞(こまい)という竹を組んだ下地があって表と裏から斜めに土壁が塗ってあるという置物でした。お客さんの要望としてはサイズの変更だけでなく壁に掛けたいとのことで、まぁ立体的な額みたいなイメージですね...

木の部分はもちろん問題ありませんし、竹の木舞まではどうにかできるだろうと思いましたが、問題は土壁です(^^;)
塗るだけなら見よう見真似でイケるかもしれません(実際に工房の2階の漆喰は自分で塗りました!)が、土壁には藁すさも入ってますし、そもそも土と砂の割合とか全くわかりません。何よりちゃんと製品としてお客さんからお金をいただく訳ですから、ここはきちんと左官さんにお願いしないといけません!そうです素人の出る幕ではないのです(^^ヾ

しかし、プロの左官さんからしたら中途半端な仕事なので頼むのも申し訳なかったのですが、地元の左官さんに相談したら快く協力してくださいました(^^)
そして完成したのがコレです!
土壁01
見た感じはなかなか良いですねぇ...イメージ通りです(^^)
左官さんに聞いたら土と砂の他にもイロイロ入っているみたいで、やっぱり頼んで良かったですね(^^ヾ

そしてある程度土壁が乾いてから納品して来ましたが、お客さんもとても喜んでくれました(^^)
実はお客さんは弁護士さんで法律事務所というところに生まれて初めて足を踏み入れましたが、なるほど珍しいモノが好きでこだわりのあるのがわかる部屋でした。そういうお客さんのお眼鏡に適って安堵した次第です。
「また何かあったらお願いします」とのことでしたが、次はお手柔らかにお願いしたいですね。って言うか、プライベートで僕が弁護士さんのお世話にならないことを祈ります(笑)

何はともあれ貴重な経験をさせて頂いたお客さんはもちろんですが、左官さんと煤竹を分けてくれた百花堂の大ちゃんにも心より感謝です☆





スポンサーサイト


未分類 | 23:24:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PING送信プラス by SEO対策

FC2Ad